CyberNetworkは IT & ICT で人・街・組織・企業のなおすを実現します

  IT & ICT 機器導入・利活用・ネットワーク構築 & 再構築 そしてドローン空撮

快適なNetwork移行にはあれこれ刷新が必要

ギガビット化には機器と回線などの更新が不可欠

肝腎なのは派手なカタログ値ではなく実際の性能・処理能力が必要となります。
多くの家庭用・簡易型というタイプは残念ながら適していると言えません。
業務で用いる機器は家庭用のそれとはまったく異なる業務用を導入してください。

有線LAN、無線LAN Network工事、PC・タブレット導入・利活用支援

 
 

 

ギガビットのネットワークにはcat5e以上のLANケーブル

「カテゴ」=cat5規格のケーブルではギガはでません !

ギガの光契約、ギガ対応のルーターやハブに交換したのに、
契約前、機器の置き換え前より改善していない。
VPN、クラウドサービスなど劇的に使い勝手が良くなるはず???

LANケーブルも「カテ5」から張り替えないと効果は出ません。
 


 

無線LANには簡易的な仕様と業務用とがあります

量販店の家庭用(簡易)無線LANではできることが限られます !

家庭用の無線LANは数台のネット端末をつなげるためのもの。
なのでつながる台数も応答性も数台〜10台程度を想定したモノ。
PC、タブレット、スマホ、IoT機器等10台以上の機器の接続には能力不足。

多くのネット端末の接続と快適に利用するには業務用の無線LANが必要になります。
 


 

Windowsしか知らない・使えないのは不幸

いい加減、まともに使えないWindowsをお払い箱にしませんか !

いつまでもWindows一辺倒がどれだけ浪費しているか。
イマドキ、Word・Excelだけで仕事してませんよね。
パソコンだって適材適所、Windowsがホントに役立ってますか????

CyberNetworkはWindowsに依存しない適材Macをお勧めしています。
 


 

電卓→ワープロ→WindowsPCの終焉で「iPad」へ

タブレットも数あるけど「使える」タブレットはiPad !

タブレットはケータイの機種変の際に「おまけ」でもらったり。
タブレットは数千円から1万2万円のものがあったりします。
Windows、Android、そしてiPadの選択肢は3種類。

使い勝手が良く、セキュリティ性能も高い、何年も使えるなら一択ですね。
 


 

イマドキの展示会でアイキャッチはプロモーション映像

100万の文字より数十秒の動画が足を止めてブースにお客様を呼び込む !

とある東京ビッグサイトでのスナップ。
展示しているモノは同業他社と大差無し、
しかしプロモーション映像が雄弁に他社ブースと差別化。

展示会では同業他社との差別化が不可欠、そして魅力を雄弁に映像で語る。
 


 

イマドキのネットの誘客はインスタ・Twitterが全盛

SNSは自社サイト誘導広告塔、自社サイトの重要度が高まってきた !

イマドキ、インスタ、Twitterを用いない所はさすがに無いでしょう。
しかし、これらは検索経由だった自社サイトへの誘客をSNS直にしたもの。
最終的にネットの商用利用を有効に働かせるためには自社サイトが大事だということ。

ネットの利活用推進には商用サイトとして自社サイトを再構築する必要があります。
 


 

ネットセキュリティ、ソーシャルネット等、入門編では知識習得

日進月歩のネットは時に座学講習で習得するのもあり !

ネットセキュリティの脅威は知識習得より早いペースで進化=悪化しています。
ネットも今ではソーシャル全盛、Facebookはオワコン、今はインスタ?
子どもたちのなりたい職業が「ユーチューバー」ってついて行けますか?

そんな時代、情報武装、知識として知っておくべきこと・・・の補充に座学講習
 


 

ネット端末が多様化しビジネスチャンスも多様化 ?

IoT機器、ウェアラブル機機、AIスピーカー、Windowsはオワコン !

自分の知る限り長野県下で最初にiPad講習を実施しました。
その昔、無線LANも日本で一番最初に実用化させましたが、
今はIoT・家電コントローラー、AIスピーカー連動などを実践中。

もうとっくにPC時代は終焉しiPad、そして次なる機器へ向かってますよ。
 

ドローン(小型無人航空機)による4k高画質動画・1080p画質動画空撮

 
 

4k高画質 & 1080P画質動画のドローン空撮

CyberNetworkは国交省飛行許可承認 東空運第14802号、5524号、2546号

残念ながら悪評で世間をお騒がせしているドローン(小型無人航空機)ですが、
映画、テレビ番組、プロモーションなどでドローンは多用されています。
その特殊性から安価とはいきませんが、見合うようでしたら空撮映像を
御社のプロモーション等で取り入れてみませんか ?

空撮ドローン DJI Inspire 1、SPARK、(MavicPro近日入荷予定)

 

 

上高地・河童橋(閉山時期)

航空法・条例等で飛行制限除外地

ここは閉山時の特殊な例ですが、
安全確保及び飛行許可が得られれば、
FPV、高高度での空撮ができます。
 


 

売木村・宝蔵寺と紅白桜

観光施設・名所旧跡紹介

ドローンによる鳥瞰目線での施設紹介。
観光パンフや各種資料の施設紹介。
桜の名所、地域の紹介など多目的に利用。
 


 

TML(Trailer Mailing List)の全国オフのイベント全景

大規模イベントの全景撮影はドローンならでは

屋外イベントのドキュメント撮影はなかなか大変。
環境によって安全確保、許認可で厳しい場合もありますが、
大規模イベントでも全景を撮れるケースがあります。
 


 

農薬散布ドローン・デモイベント主催

産業用ドローン=農薬散布の見学会

高齢化率が高く休耕田が多い小さな山村。
田植え・稲刈りは乗用で省力化、
しかし農薬散布は足場の悪い重労働のまま。
 


 

うるぎ・はざかけ米の稲刈り風景

プロモーション映像空撮

うるぎ米の田植えからはざかけまで
ブランド米としてのプロモーション。
そんな一連の風景をドローンで空撮。
 


 

草津白根山・湯釜

入山規制エリアでもドローンなら映像確認可

火山活動が報告されていて入山規制エリアへの飛行。
濁流の河川、雪崩の雪山、崖崩れの斜面等々の災害現場。
ドローンは2km〜4kmのFPV飛行可能。
 


 

台風により土砂崩落で通行止めになった現場

被災状況把握は復旧対策に必要不可欠

復旧工事に向けて正確な状況把握は必要不可欠。
しかし現場は二次災害の可能性もあり立入が国難。
ドローンによる高画質映像はとても有効。
 


 

国道418・売木バイパス道路工事現場

工事の進捗確認・現場の状況把握

建設工事現場の状況は上空から一目。
ドローン空撮で現場、周囲の状況等、
資料制作や状況確認にとても有効。
 


 

住宅建設の土地の状況確認

ぽつんと独立した立地であれば把握は容易。
しかし囲まれていると図面からは把握は難しい。
直感的に宅地の状況を把握するのにとても便利。

 


CyberNetworkな各種施設