CyberNetwork

一般向け情報セキュリティ座学講習会

Windowsの世界観しかない業者だと、不幸にもそこに相談した会社が導入する端末はWindowsPC。Word、Excelの業務に限定している会社ならそれもありですが、人材不足もあってイマドキの業務は多岐にわたり、あったとしてもMSアプリしか使わない会社なんて極めて希でしょう。

更に悲しむべき現状として業務が異なるはずなのに導入するPCのマシンスペック、アプリ等の仕様は何故かすべて同一。百歩譲ってWindowsだけだとしても営業も企画も総務も同じ仕様ってあり得ないでしょ。業務に不適なPCを使わされる職員はたまったものではないですよね。

そういったストレスが発生させる会社の損失だってたいへんなもの。ちゃんとしたスタッフがちゃんとした業者を選び仕事を効率化させましょう。

パソコン等の道具はそのためのものです。いくつかある端末の特性をしっかり把握してそれぞれの業務に適した端末を提案してくれる。そろそろ惰性で業者と付き合わないでそんな良心的な業者を選びませんか。

Macという選択肢、iPadという選択肢、仕事の内容やその業務で用いるアプリで端末は最適なものを・・・

Windowsしか知らないと業務の内容に関係無く端末はWindows。

それってお客様のことをホントに考えてあげていますか???

WindowsUpdateしたらPCが動かなくなった。

最新版のOfficeにしたらこれまでのExcelのマクロが動かなくなった。

どちらも純正の処理なのに動かなくなる。WindowsってそんなPCです。

そんな端末で気持ちよく、効率的な業務が日々できるものでしょうか???

Windowsでは無い選択肢って、あなたが贔屓の業者にありますか???

CyberNetworkでは複数の端末を実際に長年使用してきて、端末事の利点・欠点を事務レベルでかなりかなり把握しています。

そんな様々な長年の経験でMac、iPadなどの端末もお勧めしています。

「Mac」「iPad」ってiPhoneを作っている会社のパソコンです。

iPhoneの操作性とほとんど同じでパソコンの操作ができるとしたら・・・

ちなみにCyberNetworkは辺境のMac使いの会社です。

業務の用途をヒアリングして、フレキシブルアーム仕様の27インチ・iMacを2018年に導入した企業様の例です

あの端末も、この機器もちゃんと「つながる」そして「快適」に作業ができる・・・ネットワークの見直し時が来ています !

御社の無線LAN、パンクしていませんか ?

ネットはテキスト→画像→動画、そしてその先へ。

クラウドサービス、VPN通信などで双方向データ送受信が増大。

御社のネットワークは再構築されましたか?

もしかしてLANcat5のまま?、スイッチも何年机の下?

回線は光にしたけど、ルーターは100Mcat5仕様のまま?

無線LANも量販店の家庭用ってことはありませんか?

ネット回線を光にしたら、会社の中で大量の情報が行き来してたら、

・ルーターを見直しましょう。

・スイッチ(ハブのこと)を見直しましょう。

LANケーブル(UTP)を見直しましょう。

・無線LANを家庭用ではなく業務用に見直しましょう。

無線LANがつながらないというご相談を受け、2018年、PoE仕様の大規模接続対応の無線LANに置き換え(合わせてルーター、UTP張り替えを実施)

左は防火壁のある鉄筋コンクリートの温泉旅館(収容人数100名規模)で既設のcat5cat5eへ再配線。中は木造の大規模温泉民宿(収容数200名規模)cat5cat5eの再配線。右はそれらの施設で10ベースハブ→ギガビットPoEスイッチへ置き換え(2018年・商工会補助事業等を利用)

いずれの施設もルーターはヤマハのギガビット対応ルーターに置き換え、サービス用と施設スタッフ用のセグメントを設定。

工事費、講習会費、制作費、サポート費用等は対象、規模、実施場所によって異なりますのでご相談させて下さい。補助事業利用例複数あります。